流星~燃え尽きた恒星~

荒ぶるままに
思うままに
我が身燃やす
燃ゆる 
流星

果てる生命(いのち)と知り
輝き燃す事は
何れ
安寧と対極の終焉(おわり)
迎えようとも
ままならぬ程
美徳

その想意抱き
精一杯の光放ち
焦げ堕ちる最期

予期せぬ幻夢でも
受け入れる胸と意思
眼差しが


惑星を射抜く
最後のsword



コメント